first

時々ブログの更新をしています。毎月生まれて初めての出来事を書いています。

職探し

 馬鹿の一つ覚えで、また自分のことを書くが、今職探しをしている。

 そこで気付いたことを書くと、
 思えば自分は言ってしまえば今まで入り口が広い業界の会社にしか雇われていない、つまり高度な仕事は不可能なわけで、更には入り口が広い業界でも全うに働けていない。
 自分は能無しなわけで、というより働くことに対する気持ちが足りていないので、専門職や高度な仕事はおろか、働きやすい仕事もこなせない。
 なので次の仕事も働きやすい仕事を選択しないと到底雇われない(というより気持ちが足りていないままなら働くなと自分でも思う)。

 しかし、生活というものがあり、働かないといけないのだ。なので小説のことは一先ず置いといて一般的な仕事でちゃんと働ける人間にならないと。
 その為に重要なのは社会に溶け込む技術を持つこと、それは社会性とも言えるし常識とも言える。

 口ばっかりでは一生能無しである。

 なので、ちゃんとしよう。結局ここで何を書いても言葉にしかならない。
 大事なのは言葉ではない部分とわかっていて、それを上回る働く為の言葉は無い。

 自分は馬鹿なのである、それは割と深刻な意味で、ごめんなさい、暗いことを書いてしまったが、つまりそれを自覚して職を探せと言いたいのだ。自分自身に。

 また自分語りでごめんなさい。いや、謝るならやるなとこれを読んだ人は言いたいだろう。

 自分は失敗ばかりして口で誤魔化すか心にも無い謝罪をするか、そんなことばかりしている。そんな働きぶりだ。劣悪児なのである。

 もう馬鹿の馬鹿文章はそろそろやめて、口を使わず書くことに逃げたりしないで、動きます。

 文字や言葉ではなく頭と体で働きます。

 そういう決意表明でした。
 どうか次はきちんと働けますように。

 以上。