読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

inoue_lovemyself’s diary

思いついたらすぐ記入

PSO2との出逢い

昨日から口内炎のようなものが舌に出来ていたので、今日の午後4時半くらいに耳鼻咽喉科のクリニックに行った

 

結局、薬を出されただけだったが、ただの口内炎には見えないと言われた

これは自分の想像だが、ひょっとしたら舌癌かもしれないなと思っている

なぜかそんな気もする

まあ多分違うが

 

本題に入るとその耳鼻咽喉科の待合室にいる時に何ヵ月かぶりにPSO2をインストールしてプレイした

(端末の要領不足でインストールできないかもしれないと危惧したが普通にインストールされた)

そこで思ったのは今までモンスト、白猫、パズドラなどを人に勧められてやっていたが、楽しいは楽しいが何かつまらない

やってても気持ち良くない、まあ課金するほどハマってはいたが、

それらと違いPSO2は自分で発見して自分でやってみようと思い数ヵ月前にプレイしたゲームで、

何というか他のゲームアプリと違い、愛着のようなものがある

プレイしていると、これだ、という気持ちになる、純粋にゲーム内容自体が楽しい、他のゲームアプリはどっちかというとガチャなどコレクション要素にしか楽しさが感じられなかった

違いはそこだと思う、あと単純にPSO2の全体的なシステムや雰囲気が自分好みなのもあると思う

 

 

タイトルのPSO2との出逢いは何かというと、

実はPSO2との出逢いは一番くじ。

1等の何とかというキャラクターのぬいぐるみに一目惚れし覚えてないが5,000円くらい使い取った

その後すぐにアプリもインストールした

 それが始まり。

 

 

自分のPSO2に対する想いは今のところそれぐらいだ

これから更に深まっていくのか、すぐに飽きてしまうのかわからないが

 

 

それだけ

 

 

end

p.s.アプリを一時期アンインストールしてた時もユニクロとのコラボTシャツを買うなど、目についたらグッズを買うなどはしていた。まあそれだけだが。