inoue_lovemyself’s diary

思いついたらすぐ記入

一つの区切り直前で

実習先の介護事業部に2月から七日間の体験に行くことになり、実習先での就職に希望が見えてきて(介護とデザイン掛け持ちなら雇ってもらえるかもしれないらしい)、

デザインの仕事という夢に一つの区切りが付きそうなこの頃で順風満帆のはずなのだが、

現在、ずっとオフィス内で閉じこもり座りながらパソコンと向かうことを続けてるからか、

精神的に参ってるというか追い込まれてるというか、ちょっとまずい精神状態になってきている。

持ち前の被害妄想と変わった考え方が悪化したりや、朝実習先に向かう時と実習先で作業をこなす時に億劫だったり苦しかったりしている。

職業訓練の学校の先生が、デザイン系の仕事をする人は鬱病などになりやすいと言ってた通りに、自分はもうはい精神的に来ている。

 

うん、これはちょっとというか、

ひじょ~~~~~~~~~~~にまずい。

 

 

昨日は実習を一時間くらいで早退して今日は休んでいる。

理由は苦しかったからだ。あの場にずっといることが耐えられなかった、悪い人はいないが自分自身が元から人が苦手なのもありずっと至近距離?、近くに人がいることがキツかった。

それを思うだけで億劫になり今日は休んでしまった。

実習先の人には頭痛と言ってしまった。

 

このままでは、苦しくて休むことを続けてしまうようでは、せっかく就職が決まりかけているのに水の泡になってしまう。

とりあえず休むや早退という選択をしないようにすること。あともちろん遅刻もしないこと、朝億劫でも準備は早くすること。

などなど。

 

苦しくても耐えないといけない、とりあえず次のメンタルクリニックの日までは。

メンタルクリニックではこの状態を改善できるような薬をもらえるように交渉をするから。

ここまで開けっ広げに書いてしまったからこのブログの存在は知り合いには教えられなくなった。

 

 

とりあえず今はそんな困難がやってきている。

やっぱりデザインは向いてないらしい。

だけどずっと閉じこもって座り仕事をするのはコピーライターも同じかもしれない。

さあ困った。突破口(というか逃げ道?)が一つ塞がった。 

もう耐えるしかない。それかこれを救ってくれる薬をもらうか。

これからどうなるかはまだわからない。

 

 

end

p.s.最近雑誌記者や編集者という仕事も知り、いいなと思い始めてる。ハードルはもちろん高いが長い文章を書けるのが魅力的だ。あと今の状態の自分にとっては取材で外に出れるの魅力的。

新年会

今日の夕方からさっき(22時過ぎ頃)まで実習先と会社の姉妹会社の人達との合同の新年会をやっていた

 

どっちかというと実習先の人より姉妹会社の人との方が話が盛り上がった

 

姉妹会社というより会社の別の事業部なんだが

 

主に最近のアイドルの話(主にbabymetalや電波組)や、年輩の方(といっても40代の人)と自分の得意な古い音楽や映画や小説やドラマの話をした

とても楽しかった

お酒も7杯飲んだが、実習先の関係者さん達という慣れてない人が多かったのと、酔うこと自体に慣れてきてか、今まで(友達との飲み会、職業訓練の飲み会、バイト先の焼き肉屋の飲み会)みたいに周りに迷惑をかける自分が中心になってしまう酔い方をしなかった

 

成長したのだと思う

 

そして今日の反省点は肝心のこれから関わることになる実習先の人達とあまり話せず交流を深められず自分を知ってもらうことが出来なかったことだ

 

それはこれから時間をかけて、こういう機会には一層頑張って打ち解けていこうと思った

 

 

言いたいのはそれだけ

酔いながら帰り道を歩いてこのブログ記事を書いている

 

 

end

p.s.たまに酔うことはいいことだ、たまにだからこそ良いと思った、酔う楽しみに慣れてしまえば楽しさが減るから

今年最初の初めて

今年始めの、1月の初めての出来事は、

初、"銀歯"。

 

去年出来た虫歯が思わぬ初めてを生んだ

 

何でも保険適用してる義歯が銀歯しか無いかららしい

 

これ以上のウンチクは語れないから終わり

 

end

p.s.なんか読む人がいないに等しいブログを必死にテーマを考えて続けてるのがむなしくなってきた

それでも続けるが、誰かに拒否されるまでは

向いてない仕事だからこそ

さっき思ったことだが介護もデザインも心の底からやりたいことではなかった

デザインに至ってはやりたいかどうか以前に全く向いてない仕事だった、キツいだけだった、自分は向いてない仕事を耐えられる人間ではなかったので、本来目指すことすら間違っていた

というよりなることすら叶ってない現状だが

今回の場合それがコピーライターという文章に関係する仕事を発掘するきっかけになったことと、コピーライターはデザインが活きる仕事だから結果的には良かったが

 

 

それと、自分は向いてない仕事を目指してはいけない人間だが、

もしかしたら世の中には向いてない仕事をやるべき運命の人もいるかもしれないと思った

向いてない仕事をやるからこそ活きる人が

 

今回の記事で言いたいのはそれ

そんな大した人生経験をしてるわけではないから偉そうなことは言えないが、そんなような考えが急に生まれた

世の中には向いてない仕事に就いて辛いけど続けている人がいると思う

あとやりたくない仕事を続けている人など

その結果成功している人など

 

だから、人がそれぞれどういう運命や性質を持っているのかわからないので、

向いてなさそうとかキツいだけだからという理由で、すぐに諦めたり辞めたりはしないで欲しいと思った、

自分に対しても言える言葉で、デザイン一本はキツいからやめようと思っている自分が言うには説得力は無いが、

もしかしたら、向いてない分野で成功するかもしれないのだから、きちんと成功できそうかどうかを見極めて仕事を決めて欲しいと思う

自分の場合は向いてない仕事では到底成功出来ない人間だった、楽しめないと駄目らしい

といっても今物語の仕事に就けたわけでもなくて、成功してるわけでもないが

 

 

そもそもこのブログの読者はいないに等しいから、この言葉も何人にも届かないと思うが、一応書き残しておく、

下手したら反感を買われそうな内容にも思えるがあえて誰かの人生に役立つと信じて

 

 

end

君の名は。の一番くじを買い占めた

タイトルの通り

 

昨日の出来事

大人げない行動だとは思う

それくらい欲しかった、第一弾の時は一回も引けずに買い逃してるから、余計思いが強くなった

高校生くらいの子がちょっとだけ引いてるのを見て心が痛くなった

 

もちろんA賞からF賞までコンプリートした

使ったお金は25,000円ほど

 

 

それだけ

少し申し訳ない気がする

 

 

end

p.s.コンプリートしたと書いたが、本当はE賞のポストカードだけは店舗に全種類置いてなかったので全12種類の内4種類しか取れてない。それだけ。これで本当のend。なぜかタバコを吸うと文章が書きやすくなる、スラスラ書ける。以上四日後のp.s.。

このブログをちょくちょく読み返しているが、

それで一つ前の記事を書いていて思ったのはこのブログはあくまで自分のブログで自分の考えや行動に視点、焦点を向けた内容になっていると思った

ブログタイトルのラブマイセルフ通りだと思った、これはたまたまその時好きだった曲を選んだだけだが

 

それと、あと一ヶ月ほどで最初の記事を書いてから一年が経つ

最初は更新頻度は低かったが、今は三日に一度くらいのペースになっている

成長した証なのかどうかはわからないが

 

end

料理

今年最初に食べた料理は兄が作ったすき焼き、

今年最初に作った料理は餅入りぜんざい(ゆであずき缶詰めと水を混ぜて煮て焼いた餅を入れただけ)

 

話は変わるが、年末から年越しにかけてAmazonで買った商品が何個か届いたが、

一つには"ご購入ありがとうございました"とメッセージ入りの紙が入っており、

一つには購入元の会社特性の1月分のカレンダーが入っていて、

両方ともとてもサービスがいいなと思った

 

なんかタイトルとメインの内容が食い違ってるが、

それだけ

 

end